【高松宮記念杯競輪】武田が地元・近畿ラインを粉砕 6回目のGI優勝

2015年06月21日 18時01分

柳ゆり菜(右)に祝福される武田豊樹

【高松宮記念杯競輪】大阪府の岸和田競輪場で開催された「第66回高松宮記念杯」(GI)は21日、最終日を行った。決勝は平原康多(31)の動きに乗った武田豊樹(41)が抜け出して優勝。6回目のGI優勝を手にした。

 

 表彰式には彬子女王殿下のご臨席を賜り、優勝した武田に高松宮記念杯が授与された。今年度の競輪のイメージキャラクターを務めるタレントの柳ゆり菜(21)も、グランプリ王者として貫禄を示し続ける武田を祝福した。武田はGI初優勝、昨年のGP優勝に続く3回目の栄誉を岸和田バンクで受け、喜びを隠せなかった。

YouTube Preview Image