【青森競輪】18連勝でS級特進! 中野慎詞はパリ直通「スーパーTGV」だ!

2022年04月16日 20時50分

「エリート」中野慎詞の視線はパリ五輪にも向いている(東スポWeb)
「エリート」中野慎詞の視線はパリ五輪にも向いている(東スポWeb)

 青森競輪は16日に最終日が行われ、11RのA級決勝では、121期の早期卒業生・中野慎詞(22=岩手)が残り1周手前から仕掛けて押し切り優勝。3場所連続優勝でS級への特別昇級を決めた。

 中野は競輪選手養成所時代からナショナルチームに所属し、2024年のパリ五輪はエースとしての出場が期待されている。1月に早期卒業してからは「18連勝でS級へ」を目標にしており、見事に有言実行した。

 今後は国際大会への出場、結果を出すことでパリ五輪への道を切り開く。日本製〝スーパーTGV(高速鉄道)〟が、再来年のパリを燃え上がらせる。

関連タグ: