【高松宮記念杯競輪】地元の新鋭・古性 しぶとい走りで一次予選突破

2015年06月18日 14時41分

【高松宮記念杯競輪】18日、大阪・岸和田競輪場で「第66回高松宮記念杯競輪(GI)」が開幕した。

 

 オープニングレースの1Rに1番車で登場し、期待を集めた地元の新鋭・古性優作(24)は、持ち前のしぶとい走りで3着、二次予選進出を決めた。だが初日に用いた自転車の感触は良くなく、2日目からは自転車を交換して軌道修正を図る。初日は緊張もあり固くなっていたが、2日目以降は激しく暴れる。

YouTube Preview Image