【奈良競輪・GⅢ春日賞争覇戦】吉田拓矢にまさかの援軍!?「すっげえスピードでした」と満足顔

2022年02月10日 19時50分

吉田拓矢の尻に入った(東スポWeb)
吉田拓矢の尻に入った(東スポWeb)

 奈良競輪GⅢ「開設71周年記念 春日賞争覇戦」が10日に初日を開催した。猛者たちの集う初日特選12Rを制した吉田拓矢(26=茨城)は「なかなかいい感じでしたよ。変な感じだったけど、すっげえスピードでした。あれが最後のひと伸びにつながった」と心地よさげだった。

 レースのポイントは数か所あった。まずは青板バックで古性優作(30=大阪)を突っ張ったシーン。「あれをしないと後方になってしまうから」と、後手に回ると巻き返しの厳しい短走路への対策はバッチリだった。

 2車で飛び出してきた新山響平(28=青森)を受けて中団が理想も、松浦悠士(31=広島)に割り込まれてしまったのはご愛嬌。それだけ松浦がうまかった。

「松浦さんがなかなか出切れていなかったので、どうなのかと思って構えしまった。反省でしたが、あの場面以外はいい反応だったし動けていた」

 そして最大のハイライトは2角から仕掛けた場面。肝と言ってもいい。

 古性の頭突きが尻に入ったのだ。ダイジェストを確認すると確かに吉田の尻を押している。そのため吉田は予想以上に加速。運をも味方につけて自信のゴールインとなった。

 古性も「2角は危なかった。結果的に尻を押す形になったのが…」と敗因のひとつに当プレーを挙げた。

 吉田は「脚はたまっています。新車も流れるし、使いこなせそう。あとは仕掛ける勇気だけ!」と刺激ある一戦を終え、気持ちよさげに汗をぬぐった。

関連タグ: