【四日市競輪・S級ナイター】在所ナンバー2・志田龍星は「結構、足踏みした」3場所連続完全Vで特進目指す

2022年01月04日 19時49分

志田龍星は中部期待の大型先行。特進目指して猛アタック(東スポWeb)
志田龍星は中部期待の大型先行。特進目指して猛アタック(東スポWeb)

 四日市競輪FⅠナイターは4日、初日を迎えた。A級戦では今場所での特別昇級を狙う志田龍星(24=岐阜)が視線を集めた。

 志田は119期の在所2位で高速巡行が最大の武器。4R予選はホームであっさり主導権を奪うと直線は踏み直して余裕の勝利。「重かったしタイムも良くないですね。寒いから仕方ないのかな。練習では感じが良かったのに」と首をかしげたが、能力の高さは十分アピールした。

 出世はちょっと遅れ気味だ。チャレンジでは特進をかけた場所の最終日中止が2回も続いて話題になった。「結構、足踏みをしました」とおどける。

 同期では犬伏湧也(26=徳島)、吉田有希(20=茨城)らがすでにS級で活躍している。「同期が4人、S級に行っているから」と今場所で追いつくつもりだ。感触の悪さも「1回走ったから良くなると思います」と前向き。残り2日間もスピード感あふれる自力勝負で3場所連続完全Vを狙う。

【関連記事】

関連タグ: