伊勢崎初日ドリームは永井が制す

2012年09月06日 11時09分

 伊勢崎オートレースGI「ムーンライトチャンピオンカップ争奪戦」は6日、予選2日目を迎える。連覇を目指す地元の“絶対王者”高橋貢をはじめ豪華メンバーが激突した初日、メーン12Rムーンライトドリームは永井大介(船橋)が制した。前田淳が2着、高橋貢は3着だった。

 良走路で行われた初日のドリームを制した永井は「(前田を)内から抜こうとすると、もう少しタイヤが食いつかないと…。でもいいと思う。微調整で」とエンジンの感触はいいようだ。

 永井にゴール前で差され惜しくも2着に終わった前田は「試走から開けたら滑っていたしタイヤがよくなかった」と滑り対策が必要だが「車はトルク感があっていい」とこちらも機は上々。

 一方、3着高橋は「セットが合ってない感じ。伸びなかったしタイヤも滑った。タイヤ換えて調整を」と巻き返しを誓った。