【向日町GⅢ平安賞】鬼の内藤秀久 可愛い弟子の話になると笑顔ほっこり

2021年09月03日 19時21分


内藤秀久は2日目(3日)の二次予選6Rで大石剣士の番手で1着を手にした。その大石は勝ち上がりの権利につながる4着かどうか…が微妙だったが、なんとか4着。安堵しつつ、可愛い一人の弟子・金田涼馬(119期)への思いも吐露した。

【関連記事】

関連タグ: