【松阪競輪S級・中京スポーツ杯】昭和38年生まれの萩原操 S級最高齢勝利!

2021年08月02日 19時15分

1着ポーズを決めた58歳の萩原操

 松阪競輪場で開催されたS級シリーズ「中京スポーツ杯」の最終日(2日)の6Rで萩原操(58=三重)が1着となり、S級最高齢勝利を記録した。

 S級復帰3場所目の萩原は加藤寛治(43=愛知)の逃げに乗って1着締め。「初日に離れたり、2日目は競られたり、2日間ふがいなかった。前と後ろのおかげだな。まだチャンスが来れば勝てるわ」。恐るべき58歳は目をギラつかせた。

 戦後まだ18年で生を受けた萩原は、1983年にデビューした競輪界のレジェンド。さび付かないタテ脚は〝火縄銃〟と呼ばれている。

【関連記事】

関連タグ: