五輪帰りの渡辺 新車で富山優勝狙う

2012年08月24日 15時47分

 25日に初日を迎える富山競輪開設61周年記念(GⅢ・瑞峰立山賞争奪戦)でロンドン五輪に出場した渡辺が、ニュータイプのフレームで勝負をかける。

 

 競輪復帰戦になったサマーナイトフェスティバルには間に合わなかった新車が今回、手に届いた。「フロントホークが平べったくなっている新車。自分はメーカーの方にすべて任せているので、平べったくしてくれとか注文したわけではないです」。

 

 昨年末から、推進力を増す狙いでフロントホークを平べったくするタイプが流行しており、それをメーカーが準備してくれた形だ。前検日は信頼のフレームメーカーから届いた新車を入念に整備。

 

 25日の初日特選9Rは村上義弘(38)―山口幸二(44)のタッグが強力だが、佐藤慎太郎(35)―大槻寛徳(33)と結束して、上位独占を目指す。

 

 

 富山競輪開設61周年記念(GⅢ・瑞峰立山賞争奪戦)特設ページはこちら
  <スマートフォンからアクセスする場合は、PC版でご覧ください>