【高松競輪GⅢ開設64周年記念】競輪界のレジェンド神山が最年長記念V

2014年11月16日 17時44分

 16日に最終日を開催した高松競輪開設64周年記念(GⅢ・玉藻杯争覇戦)で、神山雄一郎が09年12月の広島以来の記念優勝をつかんだ(46歳223日)。

 

 これまでの記念の最年長優勝記録は、03年6月富山の松本整(引退)の44歳28日だったが、2年半以上更新した。

 神山はこの優勝で賞金ランキングも上昇。09年以来となるグランプリ出場も近づいた。6つのGIすべてを勝っているグランドスラマーだが、GPは4年連続2着など、あと少しのところで勝てていない。

 

 競輪界のレジェンドが、年末に偉大な歴史を刻むのか。

YouTube Preview Image