【高松競輪開設GⅢ64周年記念】藤田はラインの仲間に感謝

2014年11月15日 19時45分

YouTube Preview Image

準決11Rを勝ったのは浅井康太(30)。それは浅井が強すぎただけで、関東勢も魅力あるレースをしていた。藤田竜矢(34)は打鐘から逃げた牛山貴広(33)を2角から番手まくり。浅井のスピードが勝ったが、宗景祐樹(38)の巧アシストもあり、しぶとく2着に食い込んだ。決勝は一枚岩の関東勢の3番手回り。役割分担も確かで援護役に徹する。