【高松競輪GⅢ開設64周年記念】神山は大名マークで武田を援護

2014年11月15日 19時30分

YouTube Preview Image

準決12Rで武田豊樹(40)とワンツー。神山雄一郎(46)が圧倒的な存在感で決勝に進出した。準決の武田は道中で相当に脚を使っていたが、最後は交せなかった。それでも決勝へ向けての心構えはできている様子。決勝はもちろん武田の番手回り。ライン4車の要となる神山が司令塔だ。