【岸和田競輪・GⅠ高松宮記念杯】清水裕友「こんなお膳立てしてもらって勝てないでは…」

2021年06月20日 19時00分

清水裕友は険しい表情

 大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催された「第72回高松宮記念杯」(GⅠ)は20日、最終日を行った。松浦悠士(30=広島)の番手回りで人気を集めた清水裕友(26=山口)は5着に終わり、険しい表情でレースを振り返った。

「こんなお膳立てしてもらって勝てないでは、現状厳しい。このままじゃ勝負にならん」

 自分自身への怒りからか、ピシャリ。松浦の奮闘に応え切れず、険しい表情を崩さなかった。小松崎大地(38=福島)が飛び付いてきた箇所については「もらわんように外を走りながら」対応したものの、「すぐに山崎(賢人、28=長崎)さんが来ていて、踏み上げたけど、締められてきつかった」と万事休すのレースだった。

関連タグ: