【岸和田競輪・GⅠ高松宮記念杯】宿口陽一GⅠ初制覇!! 平原康多「静岡にはスーツ着て応援行く!」

2021年06月20日 18時56分

宿口陽一が驚きのGⅠ初制覇に感謝しきり

 大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催された「第72回高松宮記念杯」(GⅠ)は20日、最終日を行った。決勝はGⅠ決勝に初めて勝ち上がった宿口陽一(37=埼玉)が驚きの一発ツモVを手にした。

 驚きと感謝の思いが錯綜する。つぶらな瞳が、うっすらとにじむ。「感謝してもし切れないです。高校(川越工高)の時からずっと…、私生活も、競輪についても全部教えてもらってきたので」。思いを伝えたい相手はもちろん、尊敬してやまない大先輩・平原康多(39=埼玉)だ。

 練習中の落車で左ヒジを骨折、今節は負傷欠場となり、自宅で決勝を見ていたという平原は電話取材に応じ「本人の努力なんじゃないですか。でも、高校からだから20年くらいですか。ずっと練習も一緒にやってきて…。鳥肌が立ちました。なんか自分が優勝した時より喜びがありましたよ!」と、かわいすぎる後輩の快挙に大興奮したという。

 宿口は決勝でコンビを組んだ吉田拓矢(26=茨城)、また準決で頑張ってくれた黒沢征治(29=埼玉)にも感謝しきり。「みんなのおかげです」と頭を下げた。先輩の導き、仲間の頑張りを力にGⅠ決勝初進出で初制覇という快挙を成し遂げた。

「自分が一番驚いています」

 この優勝で12月30日の静岡グランプリ出場とS班となることが決まった。「今はまだGPを走れるような選手じゃないし、年末にそういう選手になっていられるように頑張ります。これからが大変ですけど」。不安も口にしたが、下積みの長い男だけに、実直にまた成長して赤いパンツがふさわしい選手になる。

 平原は「静岡にはスーツ着て応援に行くんで!」ととぼけたが、ファンの願いは2人が夢の舞台で連係すること。その一点に尽きる。

 

関連タグ: