【GⅠ高松宮記念杯競輪】GⅠ初決勝に燃える宿口陽一が平原康多の“超人伝説”語る

2021年06月19日 18時23分

【GⅠ高松宮記念杯競輪】宿口陽一(37)がデビュー15年、ついにGⅠ決勝の舞台にたどり着いた。3日目(19日)東の準決10Rは黒沢征治(29)の走りに乗って1着で突破した。宿口は、負傷欠場した平原康多(39)の練習パートナーで、恐るべき平原の“超人伝説”を教えてくれた。尊敬してやまない平原の分まで、決勝は熱い走りを披露する。

【関連記事】

関連タグ: