【GⅠ高松宮記念杯競輪】“ダービー王”松浦悠士 あきらめない走りをみんなに届けたい

2021年06月19日 18時45分

【GⅠ高松宮記念杯競輪】松浦悠士(30)は西の準決9Rで稲川翔(36)のけん制に遭い、非常な窮地に陥った。それでも最後まであきらめず、わずかなチャンスを手繰り寄せての2着で準決突破に成功した。レースへの熱い思いは誰にも負けない。決勝は清水裕友(26)と力を合わせ、さらなる感動を呼ぶ。

【関連記事】

関連タグ: