【GⅠ高松宮記念杯競輪】古性優作が地元の意地をかけて迎え撃つのは「日本一のライン」

2021年06月16日 16時44分

【GⅠ高松宮記念杯競輪】古性優作(30)は初日(17日)の西特選11Rを前に決意を表明した。近畿は4人、並ぶ。単騎の浅井康太(36)と山田英明(38)がいる中、まずは松浦悠士(30)を先頭に清水裕友(26)―小倉竜二(45)が相手となる。そこに挑む表情に、すべてが現れている。

【関連記事】

関連タグ: