【別府競輪・レインボーカップA級ファイナル】伊東翔貴が番手まくりでS級特別昇級

2021年06月08日 17時28分

伊東翔貴が北日本の絆をアピール

 8日、別府競輪「開設71周年記念」最終日の9Rで行われた、A級ナンバーワンを決める「レインボーカップA級ファイナル」は伊東翔貴(30=福島)が勝利。1着賞金113万円を獲得した。

 2着・小林令(25=山梨)、3着・北川大五郎(30=大阪)とともに9日付でS級2班に特別昇級する。

 北日本の絆が結実した。前を任せた木村弘(29=青森)が赤板過ぎからフル発進。伊東後位に小林令が切り替え、打鐘を通過。7番手から藤井侑吾(26=愛知)が巻き返してきたが、小林のけん制で失速した。

 4番手以降がもつれる展開となり、伊東には絶好の流れ。「木村君が早めにいってくれてスイッチが入ったみたい。優勝して返さないといけない」と2角からは迷わず前に踏み込み、ゴール線を先頭で駆け抜けた。「弘に感謝して、今度は僕がS級の先輩達に返して、北日本を盛り上げていきたい」とひと足早いS級復帰を決め、満面の笑みを浮かべていた。

関連タグ: