【小倉競輪・ミッドナイト】仲松勝太にはツキがある「あっ旋を間違えたかと思った」

2021年06月04日 19時05分

仲松勝太は黒光りした顔で現れた

 小倉競輪ミッドナイト(FⅡ)「ケイドリームス杯争奪戦」が5日、開幕する。初日特選にギリギリ7番手で滑り込んだ仲松勝太(43=沖縄)は「予選のメンバーのところに名前がないので、もしかしたらあっ旋を間違えたかと思った」と苦笑い。

 1月久留米で落車失格して5月があっ旋しない処置に抵触したため、この開催が復帰戦となる。沖縄は梅雨の真っ最中だが「今年はカラ梅雨で、天気予報を見て『明日は雨だな』と思って次の日に起きたら天気だったりする日も多くて、だいぶ練習できた」ようで「慌てて日焼け止めを塗ったけど無理でした(苦笑)」と、真っ黒に日焼けした顔が、練習の充実ぶりを物語る。

 初日特選9Rは曽我圭佑(27=熊本)川又裕樹(35=鹿児島)に前を任せての九州3番手回り。位置は遠いが、曽我が積極的な仕掛けに出れば台頭の余地はありそうだ。

関連タグ: