【奈良競輪・ミッドナイト】来期初S級の吉田篤史 地元バンクで「強気に駆けたい」と躍動誓う

2021年05月26日 17時11分

来期を見据える走りで吉田篤史がスパートする

 和歌山県営の奈良ミッドナイト競輪(FⅡ)が27日に初日を迎える。メインの特選9Rを走る吉田篤史(32=奈良)は7月に、初のS級昇級が決まっている。

「最近、まくりに傾いてしまっているし、バック数を増やすレースを意識していきたい。順番が来たらちゅうちょせずに仕掛けるぐらいの気持ちで強気に駆けたい」

 ラインを組む山本巨樹(30=大阪)には「自力でやりたい気持ちが強いし動こうと思っている」と強い意志を伝えた。アクシデントがなくこのまま順調に行けば今期もS級点数は取れる見込みで、最低1年はS級にいることができる。

「半年、半年区切りでは慌ててしまうけど、1年いられるのは大きい。来期一発目から勝負できるよう、残り4場所を大事に走りたい。もちろん勝ちたいですけど」と、内容と結果の両面にこだわり、地元バンクを攻略する。

関連タグ: