【豊橋競輪・ミッドナイト】ベテラン山中貴雄が巧みな舌戦「オレ誕生日だから気を使ってくれよ」

2021年05月25日 23時59分

地元でファイナルへと勝ち上がった山中はライン3番手を固める

 豊橋ミッドナイト競輪(FⅡ)が25日に2日目を行った。

 チャレンジ準決4Rの山中貴雄(45=愛知)は林敬宏(29=愛知)の踏み出しに離れてしまったが、決死の追い上げでリカバリーして何とか2着に強襲。最終バックではシンガリ7番手に位置する絶体絶命のピンチだった。これが地元の意地というものか…。

「そんないいものではないですよ。あれじゃ自力を出したのと一緒。離れてしまってみっともないです…。敬宏に離れたのは2回目。同じ選手に離れたのは25年やっていて初めて。これはもう、海より深く反省です」と頭をかいた。

 最終日のチャレンジ決勝8Rは林と太田黒真也(46=愛知)の3番手。「前の2人は練習仲間だしね。同じ失敗はしないようにしっかり付いて行きます」と話すと、林に向かって「あっ、オレ誕生日だから気を使ってくれよ。よろしく!」と一言足した。

 念のために調べてみたら、5月15日が誕生日でとっくのとうに過ぎていた。

 軽妙な舌戦は味方をも惑わす。2日目の追い上げに通ずる、ベテランのしぶとさ、駆け引き、年の功のすべてを見た気がした。

【関連記事】

関連タグ: