【GI日本選手権競輪】清水裕友 「自分が前で」に込められた真の意味は

2021年05月08日 18時40分

【GI日本選手権競輪】清水裕友(26)は5日目の準決11Rで波乱の展開に巻き込まれた。「落車したと思った」というほどだったが、何とかしのいで3着で決勝進出。準決9R3着で先に決勝進出を決めていた松浦悠士(30)から全力の応援を受け、執念を発揮した。最終日(9日)決勝11Rは、清水が「自分が前で」。その思いの奥にあるものとは…。

【関連記事】

関連タグ: