【GI日本選手権競輪】村上義弘の“日本選手権競輪”にかける思いがある

2021年05月04日 10時31分

【GI日本選手権競輪】村上義弘(46)は通称のダービー、という言葉は使わず“日本選手権競輪”にこだわっている。日本一を決める大会は、これ。そこにかける選手たちの思いに、戦い甲斐を感じている。通算4回の優勝を誇る大会。挑む気持ちは変わらない。2日目(5日)の一次予選5Rは大信頼の山田久徳(33)に前を任せ、突破を決める。

【関連記事】

関連タグ: