【大垣競輪・ミッドナイト】森川康輔 目イチの仕上げで “外敵” 撃退だ!

2021年04月30日 19時15分

目イチの仕上げでVを目指す森川康輔

 大垣ミッドナイト競輪(FⅡ)は5月1日に開幕する。ガールズ(2レース制)とA級1、2班戦(7レース制)それぞれで3日間激闘が展開される。

 初日メインの9RA級特選には、2場所連続V中と絶好調の佐藤壮(29=千葉)や自在脚に磨きがかかる保科千春(29=宮城)など旬なレーサーがズラリと集結。実力伯仲で見どころ満載の一戦だが、その中でも地元の森川康輔(23=岐阜)が一際、勝負気配を漂わせている。

 S級から降格した1月以降、全てのレースで優出(2V)。2場所前の奈良では完全優勝を飾るなど、前期にS級で100点をマークした機動力はA級では群を抜いている。1着なしに終わった前場所の小田原も「岐阜での誘導があって、練習ができていなかった」と敗因は明確で、今回はその分を取り返すべく「今日(30日)の午前中まで練習してきました。結構、追い込んできましたよ。もがいた感じも悪くなかったです」と、地元Vに照準を合わせて乗り込んできた。

 9R特選は東日本、中部、近畿がそれぞれ2車ずつの3分戦。別線の動きを見定めてスピード抜群の痛快ショットで混戦を切り裂く。

関連タグ: