【奈良競輪・GⅢ秋篠賞】本紙記者の2日目(30日)推奨レース予想

2021年04月29日 20時05分

【6R二次予選】岩谷拓磨と大塚健一郎は初連係。岩谷の師匠はあの吉岡稔真氏(65期・引退)。大塚も吉岡氏の主宰する「不動會」の一員で、いわば兄弟弟子のようなもの。「大塚さんとはいつか連係すると思っていた。小倉の先輩たちから『(大塚は)逃げれば仕事をしすぎるぐらいしてくれるから安心して駆けろ』と言われていたから全力でいきます」と岩谷が決意。

 負傷明けの大塚が復帰戦を祝う、9―2357―2357と235―9―2357を狙う。

【関連記事】

関連タグ: