【松戸競輪・ミッドナイト】伊藤拓人 ヘルニアから大復活へ「前回や前々回より良いはず」

2021年04月24日 19時44分

ヘルニアが癒えた実力者の伊藤拓人。点数以上の評価が必要だ

 松戸競輪ミッドナイト(FⅡ)が25日に開幕。予選5Rに登場する伊藤拓人(32=静岡)は今シリーズがヘルニアから復帰して3場所目になる。

 父・伊藤勝也氏(引退)は1992年の弥彦GⅡ「ふるさとダービー」の覇者で、今では解説者として名を馳せている。拓人も父譲りのガッツファイターで早くから追い込み選手として売り出していたが、近年はA級暮らしが定着してしまい、直近の点数はついに80点まで落ち込んでしまった。

 しかし、これには理由があった。「去年末にヘルニアになってしまって…。それで4か月近く休んでました。復帰2場所は成績をまとめられなかったので」

 今シリーズが復帰3場所目となるが「暖かくなってきて腰の具合もだいぶ良くなってきた。3週間空いたからバッチリ練習もできたし、前回や前々回より良いはず。見ていてください!」と、どうやら自信がありそう。

 ミッドナイトは点数順に並ぶため、連日〝外枠〟の伏兵的な立場だが、底力は上位なだけに、狙ってみて損はないだろう。

関連タグ: