【富山GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】本紙記者の決勝戦予想

2014年08月30日 19時05分

【富山GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪開設63周年記念(GⅢ・瑞峰立山賞争奪戦)は31日、最終日を迎える。

 

 決勝に進んだのは以下の9人。

 

11R決勝

×1 金子貴志(38)愛知・75期

△2 村上義弘(40)京都・73期

◎3 新田祐大(28)福島・90期

 4 川村晃司(38)京都・85期

○5 菊地圭尚(34)北海・89期

 6 北野武史(42)石川・78期

 7 野田源一(35)福岡・81期

 8 松川高大(25)熊本・94期

▲9 浅井康太(30)三重・90期

 

並び 916 35 42 7 8

YouTube Preview Image

 豪華メンバーの激突だ。中部トリオも京都コンビも強力だが、新田のスピードが現状はやや上とみる。ハイスピード戦で菊地とゴール前勝負。3連単3=5-126789。新田の押し切りが本線だが、菊地の記念初優勝が捨てがたい狙い。