女子ボクサーからオートレーサーに!

2012年08月13日 14時45分

 オートレースの第32期生選手候補生の合格者が財団法人JKAから13日、発表された。

 応募者749人で合格者は全部で20人。その内、女子は5人だ。女子の5人は岡谷美由紀(27)、片野利沙(19)、岸萌水(18)、藤本梨恵(りえ=29)、益春菜(25)。

 特例合格の藤本はボクシング出身(協栄ジム所属)で09年OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級チャンピンにも輝いた経歴の持ち主だ。益は全日本モトクロス選手権でレディースクラス4年連続年間チャンピオンで「絶対女王」と呼ばれている。

 10月1日に茨城県内の養成所に入所。9か月間の訓練を経て、来年7月にデビューを予定している。

 44年ぶりの女子レーサー佐藤摩弥(川口・31期)のコメント=「5名の女子が合格したと聞いてとてもうれしく思っています。特に益春菜さんはモトクロス時代のあこがれの存在だったのでうれしいのと同時に、オートレースでは私が先輩になるので今度は負けられないぞと、身が引き締まる思いです」

 

新聞記者からボートレーサーへ

〝恋から〟出身の美女レーサー「目標は水神祭」