【小田原競輪・S級シリーズ】浅井康太 ユーチューブで競輪を発信「ファンの方が少しでも分かってくれれば」

2021年04月21日 16時47分

ユーチューバーとしても注目の浅井康太

 小田原競輪場で22~24日、S級シリーズが開催される。先日、ユーチューバーとしてライブ配信の活動も始めた浅井康太(36=三重)が参戦する好シリーズ。注目の浅井が今を語った。

 競輪選手としてを軸に、体の使い方の極意を探る求道者は、自らの内に向ける力と外に発信する力の両方を備え持つ異才だ。

「自分で組み立てるのがあるでしょう。あれを注文しました。帰ったら、作ります」

 ユーチューブによるライブ配信は、独学ながら画面の切り替えや複数画面の利用、動画の差し込みなどすでに玄人はだし。そこに飽き足らず、自分でPCを組み立て、より深い世界を知ろうとしているのだ。

 何より競輪も奥が深い。配信では「人間、また恋愛にもいえるけど、距離って大事でしょう。競輪もそうなんです。どれくらいの距離を意識して走っているか、ファンの方が少しでも分かってくれれば」などと、外から見ているだけでは分かりえない、走っている選手が感じている現実を語る。

 浅井自身が走ったレースを振り返り、それもここでどう思ったのか、などを分かりやすく解説。「それを知ってもらうことで、車券の買い方にもつながってくれると一番です」と配信の狙いも明確だ。

 誰よりも先をいく浅井だが、実は「7車立ては苦手」という。「9車のみんなの動きを利用して走る方が得意」なタイプだが、初日特選12Rの好メンバーをどう攻略するか。楽しみな限りだ。

関連タグ: