【前橋競輪・ミッドナイト】パパになった佐藤健太「優勝して娘に会いたい」

2021年04月21日 16時41分

佐藤健太が家族に白星をささげる

 前橋競輪ミッドナイトが22日に開幕。今月16日に長女が誕生した佐藤健太(33=福岡)は2Rのチャレンジ予選が〝父親としての初戦〟になる。

 今月16日、妻の長沢彩(32=福岡)との間に待望の第1子が誕生した。「でも、まだ会えてないんですよ(苦笑)。今日(21日)退院の予定で(病院での面会ができず)入れ違いになっちゃって…。写真や動画で見ただけなので、早く会って抱っことかしたいですね(笑い)。子供が産まれてやっぱり気合も入るし、ここを優勝して娘に会いに行きたいと思います!」

 名前の「翼」の由来を聞くと「自分の力で羽ばたいてほしい、という思いでつけました。それに自分が陸上で幅跳びをしていた時に〝翼があったらな〟ってよく思ったし、シューズにも〝ウイング〟って書いていたくらいなので(笑い)」と目尻を下げながら教えてくれた。

「仕掛ける時に体が固まってしまう」などのイップスの影響で近年は低迷が続いていたが、現在8連続で決勝に進出中と、少しずつ〝らしさ〟が戻ってきた。前橋は19年12月のS級戦以来。「その時はS級点キープの勝負駆けだったのに、初日に大失敗しちゃって…。そのレースは今でも覚えています(苦笑)。でも本来は自分に合っているバンクだと思うし、今回結果を出していいイメージにしたい」と〝記憶の上書き〟をもくろんでいる。

「今期と来期はチャレンジ暮らしですけど、やるべき事をちゃんとやって、1期ずつしっかり点数を取っていきたい」。守るべき大事なものができた一家の主は、長女誕生をきっかけにして必ず再びS級へと羽ばたいていくはずだ。

関連タグ: