船橋オート存続求め永井、青山ら署名活動

2014年08月19日 11時35分

船橋オート廃止の中止を求める署名活動する永井大介(右)

 船橋市と千葉県が2015年度末で船橋オート廃止の表明したことを受け、全日本オートレース選手会は18日、JR船橋駅、南船橋駅、京成電鉄船橋競馬場駅の3か所で事業存続を求める署名活動を行った。

 船橋駅前には永井大介、中村雅人、青山周平ら船橋所属の選手に浜松・金子大輔選手も参加。街頭で存続を呼びかけた。署名したオートファン歴30年以上という男性は「生で見られなくなるのは寂しい。船橋に残ってもらいたい」と話した。