船橋オートで競輪vsオートレース〝異種格闘技戦〟

2011年12月26日 14時00分

【オートレース】船橋オート「サテライト船橋開設3周年記念 二輪天国杯」最終日の25日、異色のクリスマスイベントが実施された。

ピストにまたがる競輪選手が試走先導、競輪選手とオートレーサーのハンデマッチ「異種格闘技戦」、オートレーサーが先頭誘導員を務めた「船橋オートDE競輪模擬競走」(1600メートル)など、競輪選手会千葉支部レーサーが奮闘した。


【船橋オートDE競輪模擬競走】船橋オートレース場
2011年12月25日(特別混合戦、1600メートル・3周)
①冨田  卓(千葉76期・S2)
②和泉田喜一(千葉59期・S2)
③江守  昇(千葉73期・S1)
④古川 孝行(千葉84期・S2)
⑤伊勢崎彰大(千葉81期・S1)
⑥石橋 裕幸(千葉83期・A2)
⑦石井 秀治(千葉86期・S2)
⑧根藤 浩二(千葉95期・A2)
⑨進藤 浩行(千葉57期・A1)
◇先頭誘導員・高田克重(船橋オート)

★レース結果
1着⑤伊勢崎彰大(千葉81期・S1)
2着⑦石井 修治(千葉86期・S2)
3着②和泉田喜一(千葉59期・S2)
※場内では「勝者予想投票」を実施。的中者の中から抽選で「船橋31期新人(サンタクロースコスプレ)クオカード」が贈られた。

先頭誘導員を務めたオートレーサー高田克重(船橋選手会支部長)=「面白かったけど、スピードを合わせるのが難しかった。ファンのため、お互いの業界を盛り上げるために今後もこのような交流イベントは続けたい」