好きな外車と息子の名前を合体

2014年08月11日 14時02分

仕事も趣味も車とレース一色だったという五十嵐

【オートレーサーマシン図鑑99】五十嵐一夫(47)船橋・21期

 

 愛機名は「ベルリネッタR」。「これは以前に乗っていた車から。フェラーリF355ベルリネッタという車に乗っていました。『ベルリネッタ』はクーペって意味があるんです。Rは息子のイニシャルです」と教えてくれた。
 
 今は別の車に乗っているが、以前はいろいろな外国車に乗っていたという。「音がいいのはテスタロッサ。乗りやすいのはF355かな」とは印象に残った車だ。また、レースを見るのも大好きで「F1の日本グランプリを見に、仲間と4回くらい鈴鹿に行った」こともあるそうだ。その他にもバイクの鈴鹿8耐やGT選手権の観戦、さらには「鈴鹿やもてぎのサーキットも自分で走ったことがある」と、とにかくレース好きだ。でも「ここ最近はレースを見に行ってない。(小学生の)子供の部活動の送迎をしなきゃいけないし…」とオフが日曜日と重なると“子供優先”となる。「F1も今は面白くない。見ないときもある。セナやマンセルがいた昔のほうが面白かった」という。以前、競走車に付けていた「ライオンハート」も、マンセルの異名から取ったものだ。
 
 本職での自身は「(レースは)ダメ」と苦笑いしたが、まだまだ上位で勝負できる走りを見せている。今後も大好きなマンセルのように、ベテランの巧みな走りに期待したい。

 

☆いがらし・かずお=1966年10月2日生まれ。千葉県出身。89年6月29日選手登録の21期。優勝回数は7回。同期は吉田幸司、片岡賢児、吉松憲治、柿沼進一、竹内正浩ら。血液型=A。