【松山競輪・S級シリーズ】強行出場の坂本亮馬「リハビリの最中だけど走るしかない」

2021年03月16日 16時36分

坂本亮馬「何とかやりますよ!」

 ナイター開催の松山競輪S級シリーズ(FⅠ)は17日に幕を開ける。初日予選8Rの坂本亮馬(35=福岡)は前回の福井から復帰し、ここは2戦目。昨年の秋、練習中に右足の筋肉と腱を断裂し戦線離脱。長期欠場を余儀なくされた。

「モガいている時、急に切れた。あ~って感じで。まだリハビリの最中で、正直まだ完治したとは言えない。だけど走るしかないんで…」。許されるなら、慌てずに復帰の時期を探ればよかったが、これ以上欠場できない事情があった。

 休み続けると競走得点を測る上で不可欠な出走本数(25走)を割る恐れがあり、みなし点で来々期、A級に降級する可能性が出てきたからだ。競輪開催中のアクシデントによるケガなら「公傷制度」が適用されるが練習中の落車は適用外。よって強行出場するしかなかった。

「逆算して25本走るには福井ぐらいからだった。走らずにA級より走って本数勝負。前回の復帰戦は思ったより動けたし車も出た。何とかやりますよ!」と松岡孝高(35=熊本)目標からシャープな伸びを見せる。

関連タグ: