【競輪・松本勝明死去】競輪界史上最多勝利、通算1341勝を挙げた松本勝明さん死去

2021年03月07日 14時34分

松本勝明さんは不世出の英雄だった

 競輪の黎明期を支えた偉大過ぎるスターが、この世を去った。京都所属だった松本勝明さんが6日、療養中の自宅で悪性リンパ腫のため亡くなった。93歳だった。

 松本さんは京都府出身で1949年に選手登録、特別競輪(現GⅠ)7回の優勝を飾った。3191回出走し、通算勝利数は1341。永遠に破られない記録といわれる数字を残した。2着409回、3着286回。現役の1着最多選手は神山雄一郎(52=栃木)の880勝。

 1981年に引退した後は、日本名輪界の会長や日本競輪学校(現競輪選手養成所)の名誉教官を務めるなど、競輪界の発展に尽力した。

関連タグ: