【防府競輪・S級シリーズ】相性悪い?山下一輝&久保田泰弘の師弟コンビ 決勝は竹内翼と結束

2021年02月25日 19時35分

ともに連勝で決勝に勝ち上がった山下一輝(右)と久保田泰弘

 防府競輪のS級シリーズ(FⅠ・山頭火賞)は26日に最終日を迎える。S級決勝には、地元から山下一輝(31=山口)と久保田泰弘(25=山口)の師弟コンビが、仲良く連勝で勝ち上がった。同じ中国地区の竹内翼(29=広島)とラインを組む。

 決勝のメンバーが出揃った後、山下は「竹内君に付くかどうかは自分で決めろ」と弟子に判断をゆだねた。久保田は「僕の方が点数もないし、ましてや(番手で)師匠の前を回っていいものか…」と葛藤したが、最終的に竹内の番手回りを選択した。

 今まで師弟連係は5度あるがいいことがない。「僕が3着に入るか、1月に落車もあったし、一度もワンツーが決まったことはないし相性が悪いんですよ(笑い)」とチクリとやったが、竹内がけん引役を務めるとなれば話は別。加えて、竹内は昨年2月の奈良で久保田の先導に乗って優勝しているだけに、今度はお返しとばかり積極策に出る公算大。「僕よりも久保田の方が緊張するだろうけど、地元の決勝で一緒に走れるのは楽しみ」と、山下は愛弟子の成長に目を細めていた。

関連タグ: