【西武園競輪・ミッドナイト】復調中の小泉俊也が自力戦を表明「北3人でまとまりたい」

2021年02月21日 16時58分

小泉俊也

 西武園競輪ミッドナイト(FⅡ)が22日に開幕する。初日特選(9R)のメンバーには前回の立川で決勝に進出した復調中の小泉俊也(45=岩手)の名前もある。

 かつては独特なレーススタイルや考え方から〝個性派〟や〝くせ者〟と呼ばれ異彩を放っていたが、丸くなった今では笑顔の似合うベテランとして、検車場やレースで存在感を示している。

 初日特選は北日本3人の構成。メンバーを見て「赤塚(悠人、35=山形)君が、俺と坂本(毅、49=秋田)さんの圧で自分でやるって言わないかな(笑い)」とおどけたが、赤塚が後ろ回りの意思を示すと「じゃあジャンケンで決めよう」と提案。負けて倒れこんだ小泉が「うわー、じゃあ俺が先頭だな」と自力戦を表明した。

 ただ、もちろんジャンケンの結果に関係なく自力で動くつもりだった。「前回は他地区の選手に付けたりもしたけど、あれは(開催中の)流れがあったので。今回は北3人いるし、まとまりたいなって。赤塚君が動かないなら自分が前になりますよね。格上の岸沢(賢太、34=埼玉)君との2分戦で厳しいけど、自分の調子もいいし、できることをやってみます」と力強く宣言。総力戦で魅せる小泉の走りから目が離せない。

関連タグ: