【川崎競輪・GⅠ全日本選抜】昨年覇者の清水裕友 開口一番「連覇しに来ました!」

2021年02月19日 18時11分

清水裕友が大会連覇を目指す

 神奈川県の川崎競輪場で「第36回全日本選抜」(GⅠ)が20~23日の4日間の日程で開催される。昨年、豊橋で開かれた当大会でGⅠ初優勝を飾った清水裕友(26=山口)が、奮起の炎を燃やしている。

「連覇しに来ました!」

 開口一番とはこのことで、決意は高らか。「いつまでたってもモヤモヤしたのが続くし…」。思うような戦いができず、昨年夏前からの悩みは深いのだ。

 2月にGⅠを制し、7月GIIサマーナイトフェスティバル、また地元のGIII防府記念で優勝するなど随所に活躍した。しかし、S班としての責務は常に勝ち続けること。それができていない。

 今年に入っても、立川、大宮の記念を走り「仕掛けているだけになっている。自分の良さは動かしてから…というところだけど。結果につながっていない」と、まるで敗者の表情だ。

 今回、うっ憤を晴らすためにも初日に流れをつかみたい。特選12Rは「何でもできるのは自分だけ。何でもやって」勝利をもぎ取る。

関連タグ: