【豊橋競輪ミッドナイト】宮城所属の桜井祐太郎が地震発生の地元にエールを送る

2021年02月14日 16時23分

心配そうに地震のニュースを見つめる選手たち

 豊橋ミッドナイト競輪は13日、2日目を行った。宮城、福島を中心にした大きな揺れがあった23時過ぎは、まさに準決8Rの真っ最中だった。宮城所属の桜井祐太郎(21)が力強い逃げ切りを決めたレースで、豊橋市もやや揺れたが「レース中でさすがに分からなかったです」――。

 桜井は検車場に戻ってくると、ラインを組んだ選手たちと振り返りをしつつ、ニュース映像が流れるテレビ画面からも目が離せなかった。宮城に住む家族は「たぶん、ボクのレースを見ていると思うんで、起きているんじゃないかな」と心配していた。

 その時点ではもちろん被害状況など一切分からず「家が壊れる、とかくらいなら全然いいんですけど」と、まずとにかく人的被害のないことを祈るのみだった。

 14日の最終日、決勝9Rは単騎の戦いになる。中部4車が結束し、桜井と尾崎悠生(23=埼玉)の2人がそれぞれ単騎の様相だったが、岸川哲也(35=大阪)が尾崎マークを宣言。「川崎の決勝は単騎でも優勝できたし、今回も」(桜井)。10年前を思い出させるような地震発生は、再び多くの人たちに不安をもたらしている。力強い走りで地元のみんなにエールを送る。

関連タグ: