【前橋競輪ミッドナイト】安達隆己 11場所連続で決勝進出中「今回は初優勝を」

2021年02月14日 14時59分

安達隆己

 前橋競輪ミッドナイト(FⅡ)が13日に開幕した。オープニングレースを制したルーキー安達隆己(24=栃木)は、いま伸び盛りの注目株だ。

 現在11場所連続で決勝に進出している安達は「今回は初優勝を達成するつもりで来ました!」と高い志で参戦してきた。予選は善方政美(45=福島)に翻弄され苦しい展開となったが、力でねじ伏せて首位通過。「危なかった」と安堵したものの「さすが先行職人と言われている方。駆け方が上手だったし勉強になった。本当は自分があんな走りをしないといけないんですが」と反省も忘れなかった。

 自転車競技の中長距離種目で培った強靭な地脚が武器だが、本デビュー直後は「なかなか力を出し切れなかった」と持ち味を発揮できず苦戦を強いられた。それでも充実の練習環境でもまれるうちに、徐々に成績が上がってきた。「強い同期や若手たちと練習するようになってから、決勝に乗れるようになりました。特に真杉(匠、22=栃木)とはよく一緒にやっていて、前検前日もしごかれてきたんです(笑い)。他にも長島大介(31=栃木)さんや岡田泰地(29=栃木)さんなど強い方ばかりなので、環境にも恵まれていると思います。あと実戦形式(の練習)を取り入れるようになったのも良かったのかもしれません」

 14日の準決勝3Rは同期の戸辺捺希(22=埼玉)、善方との3分戦。「相手は強力ですけど、なんとかここも突破できるように頑張る」。狙うはもちろん、連勝での決勝進出。練習の成果を発揮して最終日へとつなげる。

関連タグ: