【宇都宮競輪】佐藤友和 自力でもまだまだ強いところを見せつける!

2021年01月31日 16時02分

佐藤友和

 宇都宮競輪S級シリーズ(FⅠ)が1日に開幕する。初日特選の注目選手は、絶好調の吉田拓矢(25=茨城)、野口裕史(37=千葉)に自力で挑む実力者の佐藤友和(37=岩手)だ。

 自力で一時代を築いてきた88期のスターたちが今年に入って大きな変化を見せている。山崎芳仁(41=福島)が他地区の選手に付けるようになったように、佐藤も「魅力的な選手がいたら、地区は関係なく連係していこうと思ってます。やっぱり勝負は勝たないと意味がないし、勝てるようにベストの選択をした方がいいのかなって」と心境の変化を明かした。

「以前ほどは自力にこだわりがなくなった」のも決断した一つの理由だが、もちろん「自力を捨てたわけじゃない」と自分で動く準備は常々できている。初日特選も「(小松崎)大地君が(欠場で)いなくなっちゃったからね」と自力で戦うことになった。「7車は単調なレースが多いし、正直9車の方が好き。ただ、そうも言っていられないので。人の後ろを回る機会が増えて(番手の動きは)だいぶできるようになってきたけど、その分、自力でやる時の反応が遅れたりしちゃう。そこを気をつけて初日は臨みたいですね」

 現在は冬期移動先の千葉県成田市で弟子たちとともに乗り込み中心の練習に励んでいる。「その成果を出せれば」と不敵な笑みを浮かべた佐藤が、自力でもまだまだ強いところを見せつける!