同期の坂井宏朱さんを思い…

2014年05月26日 09時00分

【オートレーサーマシン図鑑90】小原望(33)川口・31期

  小原の愛機は「ヒーロー・HS」。ヒーローであるHSとは、2012年1月、練習中の事故で殉職した同期の坂井宏朱さん(享年27)のことだ。佐藤摩弥と2人で11年、44年ぶりの女性オートレーサーとしてデビュー。将来を期待されたが、練習中の不慮の事故で亡くなった。小原は同期を思い車名を付けた。「いつまでも、みんなが忘れないようにと思って。これからも(HSを)付けていくつもりです」という。

 今年は2回優出している。「優出したときは流れがよかった」が4月に入りエンジンは下降気味。「何とか仕上げて頑張りたい」と巻き返しに鼻息は荒い。以前、池田政和(23期・船橋)とじっくり話す機会があったという。「『もし自分の弟子がいたら、(優勝は)取ってこいと言う』と言われました。決して『気楽にいけ』ではなく。優勝は、する気で臨まないと取れない。偶然は1回ならあるかもしれないけど、何回も優勝するには偶然ではできない。勉強になります」。SGを8回制した実力者の言葉を胸に刻み走る。「山田達也さん(28期)などにもお世話になっているし、毎年思っていますが優勝という形で恩返しがしたい」ときっぱり。今後の活躍を注視しよう。


 

☆こはら・のぞむ=1981年4月26日生まれ。埼玉県出身。2011年7月8日選手登録の31期。同期は青山周平、平塚雅樹、佐藤摩弥、渡辺篤、春本綾斗、鐘ケ江将平、中尾貴志など。血液型=B。