輪界お家騒動に動き「深く謝罪し退会届を撤回」

2014年01月20日 20時57分

 競輪の村上義弘(京都)、武田豊樹(茨城)ら現役トップクラスの選手が、昨年12月に所属していた一般社団法人「日本競輪選手会」を退会し一般財団法人「SS11」への移籍を企図していた問題で20日、日本競輪選手会は「移籍を企図した一部会員は一連の行為について本会に対し深く謝罪するとともに、退会届を撤回した」と発表した。

 これにより除名処分はされず、今後改めて綱紀審議委員会を開催し処分が協議されることになった。