【深谷知広の競rin世界挑戦】ABEMA「ぶっちゃけいりん」の舞台裏

2020年10月06日 16時00分

レース直前の集中する私(撮影=長迫吉拓)

 今回の「深谷知広の競rin世界挑戦」は、ファン参加型のインタラクティブなスタイルを採用している。ファンの気になる深谷知広のあのことについて――。

 みなさんこんにちは、ネタ切れでツイッターから内容を募集した深谷知広です…。今回は何を書くか思いつかなかったので、ツイッターで募集した時に目についた中から、いくつか答えていきたいと思います。

 まず初めに「何のために競輪をやっているのか?」です。

 私が競輪選手を目指した理由は、小学生のころに好きな車に乗るためにお金を稼ぐ最適な仕事だと思ったからです。そしてそれは現在も変わらず強く思っていますが、約10年間競輪を走ってきて、ほかにも様々なやりがいを見つけて今にいたっています。

 次は「宿舎での過ごし方」です。

 競輪開催中の宿舎では人によって過ごし方が異なります。レース以外は基本的に自由なので、今までの私はレースが終わったら次の日までいろんな選手のところに遊びに行って時間を潰していました。選手によっては延々とDVDを見ている選手もいたり、読書をしたりしている選手もいますね。ちなみに私は競輪参加時には10冊以上の車雑誌を持ち込み情報収集をしています(笑い)。

 最後に「ぶっちゃけいりんの舞台裏」です。

 ABEMAで放送されているぶっちゃけいりんは結構ユルイ感じに見えて、数日前から情報を集めて台本を作成し、当日は3回の回線テストや打ち合わせをして放送している、意外としっかりした番組なんです(ABEMAさん、すいません!)。

 打ち合わせでは放送で話せないふざけた話などもしながら本番に向けて各自ウオーミングアップをしています!

 村上義弘さんにドッキリゲストとして出ていただいた時には、私と一部のスタッフのみでこっそり打ち合わせをしていたので、進行役のどりあんずさんもビックリしすぎて番組が進まなくなるという失敗もありました…。どりあんずさん、すいません(笑い)。

 今回は記事の内容が思いつかなかったのでツイッターで募集した中から3つを選んで書きました。今後もちょくちょく募集しますので、私の投稿に聞きたいことなどを書き込んでください(ネットで調べればわかるような内容やプライベートに突っ込んだ質問は採用されないので要注意です)