【競輪】和歌山支部3人目のコロナ感染 開催には影響なし

2020年07月29日 19時19分

 JKAは29日、新たに競輪選手1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。競輪選手の感染は3人目で、いずれも和歌山支部所属。当該選手は27日に発表された2人の感染者のうち1人の濃厚接触者で、27日にPCR検査を受け、28日夕方に陽性が判明した。無症状だが、現在は病院に入院している。

 なお、当人の濃厚接触者に競輪選手や関係者はおらず、濃厚接触の前から競輪には参加していないため、競輪開催に影響はないとしている。これを受け和歌山競輪では29日から車券発売、払い戻しを当面の間中止。30日からの富山GⅢの場外発売も行わない。