川崎競輪が4日から本場発売再開 コロナ感染対策を徹底

2020年07月03日 15時08分

川崎競輪場

 川崎競輪場で本場発売(有観客開催)が4日、ナイターシリーズで再開される。川崎市公営事業部の木暮慎二開催執務委員長は「川崎では2月27日を最後にファンの方にレースを生で見てもらえなかった。目の前でレースを見られることを待ち望んでいたと思う」と言葉に力を込めた。

首都圏の場では先陣を切っての再開で「川崎がやらないと、の思いもありました。たくさんのファンに支えてもらっているので」と観客への思いを口にした。

 入場時の手指の消毒、検温などを実施し、場内でのソーシャルディタンスも徹底する。また「マスク着用をお願いします。ない方には募金をしてもらってマスクをお渡しします。そのお金は医療従事者に届けます」と諸対策を説明した。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図ることを大前提とし「ファンに楽しんでいただくこと。それが市の財政に寄与し、また機械振興のためにもなる」と競輪開催の意義も強く訴えた。「関係者もできる対策を整えていますので、ファンの皆様にも新しい生活様式を持っていただき、ご協力願えればと思います」(木暮開催執務委員長)