【太田理恵の夜の贅沢】チャレンジ決勝 115期のゴール前勝負がアツい!

2020年05月19日 16時00分

テレビ電話で仲間と競輪予想中の理恵です♪

 こんにちは、2020東スポミッドナイト競輪アンバサダーの太田理恵です! 相変わらず無観客開催が続き、毎日寂しいですね。

 私はレースももちろん好きなのですが、選手の人柄や個性を知ると、興味を持つことも多いです! 最近はSNSに選手のトレーニングやメッセージがアップされているので、選手の新しい一面を発見するのも楽しみの一つです。先日はABEMAで新田祐大選手が「ぶっちゃケイリン」という番組を企画されていて、選手のぶっちゃけトークや素の姿を見られてさらに推し選手が増えました!

 さて、4月23~26日に開催された武雄競輪開設70周年記念(GⅢ・大楠賞争奪戦)。テレビ電話を使って競輪仲間とリアルタイムで相談しながら車券購入、観戦をしました! 私は深谷選手を「競輪」で見るのは初めてでしたし、強いメンバーが多くて車券は迷いました。初日特選では1着だった郡司浩平選手の強さももちろんですが、8番手から最後は3着に突っ込んだ松浦悠士選手の強さ。決勝は考えれば考えるほど迷い、郡司選手と松浦選手からの全という3連複で25・4倍、2車単の折り返しで6・8倍が的中、今回は通しでプラスでした! 単騎でも抜群の安定感の松浦選手、次回のレースも楽しみです。

 ミッドナイト競輪も中止が続いていますが、先日の小倉ミッドナイト(4月29日~5月1日)はゆっくり家で観戦できました。疲れた夜にゆっくり見るレースは最高。優勝は115期の伊藤颯馬選手。伊藤選手はその後の広島、小倉でも完全優勝し、17日付でS級特進決定<おめでとうございます!>

 武雄ミッドナイト(5月9~11日)はチャレンジ決勝で若手選手のアツい戦い。接戦でしたが、完全優勝したのは115期の谷和也選手。チャレンジの決勝で115期のゴール前勝負を見るの、好きなんです。接戦だから車券は僅差で外すことも多いけど(笑い)。

 そしてついに競輪ルーキーシリーズ2020が始まりました。男子117期、ガールズ118期は史上初の早期卒業や史上最多のゴールデンキャップ獲得があり活躍が期待されています!

 私は競輪歴が半年ちょっとなので早期卒業生以外のデビュー戦を見るのは初めて。新人オールガイドを眺めながら、在所成績、出走表と格闘中です!

 そして6月からは地区内あっせん、どんなラインが組まれるのか、すごいメンバーの開催もあって楽しみ。競輪場には行けないですが、ネット投票やSNSを使って選手を応援して、落ち着いたら競輪場で皆さんとお会いできますように。

☆おおた・りえ=1992年6月22日、東京都生まれ。東京大学大学院卒、ミス・ワールド2014日本大会審査員特別賞、同大会2015実行委員長賞受賞。