ルーキー木村「雨なら超チャンス」

2012年06月22日 10時06分

【伊勢崎超ブルース:伊勢崎ナイター「第34回東京スポーツ杯」=22日(予選2日目)】

 前節は節間2回欠場の〝珍記録〟を作ってしまい恐縮していたのが、31期新人の木村享平(伊勢崎)だ。

 2日目の練習中に落車して欠場。最終日には再試走に出たが、そこでもゴール後に落車し、また失態を演じてしまった。

「最終日は雨なんてもんじゃない…。これまで見たことも経験したこともないようなスコールというか、滝というか…。再試走に行くのも迷ったんですけど、結局、ああなってしまって多くの方に迷惑をかけてしまった」

 中指と薬指を剥離骨折して前節の飯塚は欠場。今節も欠場を考えていたほどだったが、何が吉と出るかわからない。初戦を圧勝して大穴を提供した。

「また落ちたんでいろいろやったらエンジンが良くなってました。この感じなら十分楽しみはあるし雨が降ってくれたら超チャンスだと思ってます」

 何でも大げさに「超」をつけるあたりがいかにも今どきの若者だ。

 青山周平を筆頭に同期はすでに6人が優勝を飾っている精鋭軍団の一人。何とか番狂わせを演じてデビュー2回目の準決進出を狙う。