永井大介が巻き返しの1着

2012年06月15日 09時46分

 船橋オートレースのGⅡ「チャレンジカップ」は15日、3日目、選抜予選(無事故完走で準決勝進出)をメーンに最終予選が行われる。予選の2日間を終えて連勝は地元・船橋の武藤博臣と小林悠樹。永井大介もきっちり1着をもぎ取った。

 走路温度が49度まで上がった2日目は滑るという声が多かった。そんななか、連勝した武藤は「乗り心地は初日のほうがよかったですね。曇っても照っても左右されないので車はいい」とエンジンに好感触。ただ「タイヤに車の力が伝わってこないので交換して」3日目の選抜予選に臨む。

 一方、永井は巻き返し1着。だが「朝練は合ってたけどレースは回転が上がらなくなってましたね」とまだ納得いく状態ではなさそう。「それにもう少し先が出れば。バネ、キャブの調整をして練習します」。底上げに力が入る。