【Challenge! 新人選手】高校時代はスノボと“二刀流”の阿部架惟都 “仙商魂”でのし上がる

2019年12月24日 16時00分

来年は優勝を量産し、上位戦での活躍の足掛かりにしたい阿部

 伝説のレーサー・阿部道氏の背中を追う仙台商業高の系譜がある。今年7月新たにデビューしたのは阿部架惟都(20=宮城・115期)。高校時代はスノーボードとの両立で活躍した異能のレーサーだ。今は壁にぶち当たっているが、115期の逸材の一人として歴史に名を刻んでいく。

 仙台商業高が送り出す新たな人材だ。同高卒業生は現在、上位で活躍している早坂秀悟、菅田壱道、そして師匠の桜井正孝らがおり、古くは“元祖ミスター競輪”こと阿部道氏(23期=引退)がいる。「師匠とは一緒に練習してます。早坂さん、菅田さんらには訓練日とかで会いますね。いろいろ教えてくれますよ。いつか一緒に走りたいです」と遠くを見つめた。デビュー2場所目で初優勝と「最初はうまくいっていた」。だが「今は厳しさを味わっています」と試練の段階にある。

 高校時代はスノーボードと自転車競技の二足のわらじを履いていた。「もともと5歳くらいからずっとスノーボードをやっていた。高校では部員が少ないこともあり、冬はスノーボード、夏は自転車競技をやってました」。目指していたのはスノーボーダーとしてプロになることで「高2の冬までにプロになる道ができなければ諦めようと思っていた」。無念ながらその道は途絶え、自転車競技に絞った。

 高3の時には「大学から声がかかって、インターハイで入賞(8位以内)できれば進学する予定だったんです。東北大会はスプリントで優勝できたけど、結局インターハイは10位で…」。その後は顧問の先生の勧めもあって競輪選手を志した。

「今は明確な目標を立てるとかはできない。一レース、一レースをしっかり走っていくこと」。壁に当たっているが、誇り高き“仙商魂”を胸に、必ずS級へ、そして先輩たちと同じステージに上がってみせる。

 ――スノーボードをしたくなる

 阿部 なりますね。でも今は自転車に集中しているので封印してます。

 ――どっちが好き

 阿部 まあ、スノーボードはきつくないので(笑い)。

 ――菅田壱道は肉体改造をしていて、体に気を使っていることで有名

 阿部 自分も食生活には相当、気を使っています。水(炭酸水)しか飲んでないです。お酒は…付き合い程度になります。

 ――架惟都という名前はカッコよく、字面も珍しい

 阿部 自分ではそんな意識はなくて、親に由来を聞いたりしたこともないんです…。

☆あべ・かいと=1999年6月29日生まれ、宮城県出身。174・1センチ、772キロ。師匠=桜井正孝(100期)。好きな音楽はマイファーストストーリー。

【関連記事】